現役金融アナリストがクレジットカード現金化を徹底検証・厳選優良店紹介                急上昇イチオシ業者は右上のMENUをクリック!!             

【実態は】個人間融資とは【暴利】

最近目にすることが多くなった、個人間融資、どういう物なのか解説していきたいと思います。

個人間融資とは

はっきり言ってしまうと、闇金の変化バージョンです。表立って営業は当然出来ませんので、あの手この手で何とかやっているのでしょう。勿論、営業する方が一番の悪ですが、ひっかる方にも問題があります、騙されたならまだしも、個人間融資を見つけて、自分で申し込んでいるのですから充分に責任はあります。良く調べればわかる事ですので、皆さん個人間融資になんて引っかからないで下さい。個人間融資は闇金です。普通に貸してくれるなんてことはあり得ません。

方法・条件は

方法は、SNSや個人間融資掲示板で、お金を貸したい人と、お金を借りたい人が、それぞれ掲示板ややSNSに書き込みます。条件にあった書き込みがあれば、お金を借りたい(お金を貸したい)旨を相手側に連絡し、融資が実行されます。お金を貸したい人も、自分で書き込むか、条件にあった人の書き込みを探して、連絡を取ります条件は様々ですが、まず法定金利ないという事はあり得ません。かなりの暴利になります。

犯罪の可能背が高い

SNSやインターネット掲示板などにおいて、個人間での金銭の貸し借りをうたった書き込みがなされている実態があります。個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業法上の「貸金業」に該当します。(注)貸金業を営む場合は、国又は都道府県の登録を受ける必要があります。さらに、不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」、「融資します」などと書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業法で規制されている「貸金業を営む目的をもって、貸付けの契約の締結について勧誘をすること」に該当するおそれがあります。これらの貸金業の無登録営業及び無登録業者による勧誘は、いずれも罰則の対象となります。また、個人間融資では、個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。ヤミ金融業者による個人間融資は利用しないようにしましょう。

集客方法

主にSNSか掲示板の利用になります。Twitterやインスタグラムその他掲示板でよく出てきます。そこからのやり取りで進めていきます。とにかく、SNSや掲示板で個人間融資や大きくいってしまえば、お金の事系は殆ど何かあると思っていいと思います。

注意点

個人情報を抜いているだけの業者もいる。闇金から借りるつもりの人は個人融資掲示板でも良いのですが、問題は貸すつもりがない業者がいることです。お金に困っているやつを見つけ、闇金業者に情報を流します。何の返事もなく、いきなり融資のメールや電話が・・・住所まで教えてしまっていたら、それは大変。ここが個人間融資の一番の注意点だと思います。犯罪に巻き込む闇金業者もいる。その条件では融資できませんが、もし銀行口座をいただけるなら…と、犯罪行為を行わせることを条件に融資する悪徳な業者もいます。振込詐欺の受け取りに加担させたりと、失敗したら逮捕です。成功しても後で脅され、良いように使われて人生お終いです。絶対に断りましょう。

まとめ

簡潔に言ってしまえば、関わらない事です。これしか思いつきません。どんなにお金に困っていても、SNSや掲示板で見つけた人が助けてくれるわけがありません。普通に考えればわかる事ですが、困ってるときは判断が出来ないのかもしれませんが、甘い話に載っては駄目です。とにかく、個人間融資という書きこみには反応しない、書き込みしないが一番です。