現役金融アナリストがクレジットカード現金化を徹底検証・厳選優良店紹介                急上昇イチオシ業者は右上のMENUをクリック!!             

クレジットカード現金化で事業資金が作れる!!

銀行やノンバンクの事業融資以外で、法人様の現金調達法方法として注目されているのが、ファクタリングです。ファクタリングのメリットは何といってもスピードと売掛債権があれば簡単に現金を手にすることが出来る事です。最近では請求書でファクタリングを組んでくれる業者もあるみたいです。

一方昔からあるクレジットカード現金化も法人の現金調達にも活用されています。法人カード・ビジネスカードは勿論、経営者さま個人のカードでもご利用できます。経費計上可能の事からこちらも非常に人気です。

今回はクレジットカード現金化での事業資金を調達する方法・メリット・デメリットを解説していきます

クレジットカード現金化業者を使う

当然ご自身でも可能といえば可能なのですが、事業資金での使い道となると高額になってきたり、法人カードの使用だったりとすると思いますので、業者に任せた方が賢明だとおもいます。

事業主様用のプランがある業者などもありますので検討してみるのも良いと思います。

法人カード・ビジネスカードOK

基本的に現金化業者は、所有者のハッキリしたカードであればどんなカードでも使用する事ができますので、当然、ビジネスカード・法人カード・コーポレートカードと法人様のカードもOKとなってります。

限度額なし・審査なし

限度額がない、審査が無いこれは、急な現金調達の時にはかなりのメリットになります。

何故このような事が可能なのかを解説します。

まず、限度額なのですが、無いというよりは、カードの限度額一杯迄使えるという事です、お持ちのカードを何枚でも使えるので、限度額の残り金額の合計が全て現金化に使えるという事になります。

次に審査がないという事なのですが、こちらは本当にありません、カード確認、身分証の確認さえ取れてしまえばどなたでも利用できるのです。

審査が無いという事は、現金調達にとって非常に大きい事です。

メリット

上記の限度額なし・審査なしも大きなメリットなのですがまだまだありますので説明します。

まずは、時間が掛からないという事です。現金化業者はどの業者もスピードを売りにしています。実際に初回で5分なんてことは無いですが、金額にもよりますが、平均1時間もあれば手続きは完了するでしょう。

次は、個人情報・信用情報に傷がつかないという所になります。借り入れとは全くの別ものですのでご安心ください。後に大きな銀行系の融資などを目論んでいる経営者様にとって、信用情報はかなり大事になってきますので、繋ぎ資金などで、下手に履歴を残さない方が賢明だと思います。そういった観点からも、事業資金・繋ぎ資金にはクレジットカード現金化は非常に向いていると思われます。

デメリット

特には無いのですが、法人カード・ビジネスカードなどは特殊な場合を除き基本的には一括の支払いになっていますので翌月の支払日には使った分は一括で払う形になります。

長期的にお金を使おうと思っている経営者の方には不向きの現金調達方法になります。約一か月後に支払いが来ますので、意味のない事になってしまう可能性が在ります。

基本的には急場の繋ぎ資金として利用する事が良いでしょう。

後はあまりない事ですが、カード会社に現金化を疑われ、最悪のケースはカード利用停止になる可能性があります。

まとめ

速攻性、確実に現金を手に出来ることなどクレジットカード現金化が、急場の繋ぎや200万以下の少額の調達ならば断然に良いです。ただ、多額の資金調達だったり、かなり安い利息で資金調達をされたい方は銀行系に申し込んだ方がいいでしょう、先に借りやすいノンバンクやファクタリングに手を出してしまうと、信用情報に乗ってしまい(ファクタリングは登記簿)銀行から借り入れがしずらくなってしまう可能性がありますのでお気を付けください。

オススメの資金調達は、まず前もって銀行系から調達できるように準備して駄目なら色々検討してください。短期の繋ぎや信用情報に傷を付けたくない方は断然クレジットカード現金化良いでしょう。

なおクレジットカード現金化はキャッシングではありませんので経費としての計上も可能です