現役金融アナリストがクレジットカード現金化を徹底検証・厳選優良店紹介                急上昇イチオシ業者は右上のMENUをクリック!!             

業者以外の現金調達

給料日前にお金が無くなってしまった、急な出費が出来て大ピンチあなたならどうするI?

誰もが、様々な事情で金欠になってしまう事はあります。

今日中に現金が必要になるなんて事もあるかもしれません。

そのような時に勿論、現金を作ってくれる業者以外にもピンチの時に現金を作る方法はあります。基本的な誰かに借りる、キャッシングするなどという事は当たり前ですのですので、除いて紹介していきます。

時間が無いケース

時間が無い、とにかく急ぎで現金が欲しい方の為の現金調達方法を紹介します

不要な物・商品を売却

物品を売却する、これが一番簡単でリスクのまったく無い現金調達の方法です。物品を売却時には二つの方法が取れます。

実際に買取業者に持っていくか、郵送で送って査定してもらい、現金に変える方法とネットでのオークションやフリーマーケットに出品して現金にする方法になります。

買取業者を利用

現在は買取業者があふれています。ブランド品、本、ゲーム、洋服、電化製品、貴金属、など売れない物はないんと思うぐらい、多数の買取業者があるので、自分が売りたい物品の強い業者を探して買い取って貰う事が大事になります。

フリマやオークションと違って、自身で売却金額を設定する事は出来まん。査定額での買取になってしまいますので、思ったより安いという事は大いにあります。

本当に不要な物なら、あまり気になりませんが、お金の為にと迷って売りに出す商品の場合は出来るだけ高額で売却したいものですが、買取業者の査定は厳しいです。足元を見ていると言ったら失礼ですが、買取業者も当然商売ですので、確実に利益の出せる査定結果になります。

買取業者の注意点

・査定金額

・減額してくる

・キャンセルが効かないお店がある

買取業者に高額査定を期待するのは止めましょう。要らない物を買い取ってもらえるぐらいの感じが良いと思います。

高額で売りたい場合は下記のオークション・フリマサイトの利用をオススメします。

オークション・フリマサイトを利用する

買取業者に売却するよりは、時間が掛かってしまいますが、売却金額にこだわる方はオークションかフリマサイトをご利用下さい。

理由は、売却金額を自分で設定が出来るからです。オークションにしろフリマにしろ自分で設定することが出来ますので、いくら未満なら売却しないといった事が可能なのです。

しかし、購入相手が見つからないと当然売却は出来ませんので、時間が掛かるケースや売却出来ないといった事が出てきてしまいます。

買取業者は査定不可能な商品でない限りは買い取って貰えますが、これらのサイトは相手が見つからない限り売れる事は無いので注意が必要です。フリマ・オークションサイトの注意点

・買い手がつかない事もある

・金額の交渉などがある

・商品に対する質問などに答えないといけない

・商品の発送や、買い手とのやり取りなど多少面倒な事がある

不要な物を処分もしくは、物を売って現金を手に入れる方法の際は、金額に拘らずに確実にかつスピーディーに現金を手にしたい方は買取業者を金額に拘って出来るだけ高値で売却したい方はオークション・フリマサイトの利用をオススメします。

日雇いのバイトをする

当然の事ながら、仕事をして直ぐに現金を稼ぐこともできます。

給料を即日払いしてくれるアルバイトなら、急いでいるときでもに間に合わせられるでしょう。

ただし、日雇いバイトをするときの注意点として、日雇い派遣で働くためにはいくつかの条件があるりますので注意して下さい。

派遣ではなく、直接的に会社に雇用される場合は問題ありませんので、雇用条件をしっかりと確認するようにしてください。

時間があるケース

次に比較的に時間に余裕がある方への現金調達方法を紹介していきたいと思います。

知識やスキルを売る

前までは考えられなかった事ですが、最近は自分の知識・スキルをお金に変える事が出来でしまいます。

方法は、アプリなどで自分の得意な事を商品として出品するのです。時間に縛られることもなく、副業感覚でお金を作れます。

ですが、需要があっての事ですので、買い手が付かない可能性も充分にあります。

自分のスキル・知識に自信のある方はトライてみる事も良いと思います。

治験モニター

治験モニターは、薬や化粧品、ダイエット食品などを自分で試すという仕事です。いわばモルモットのような仕事になります。いい方を悪く言うと実験台です。

一定期間を決まったの場所で過ごさなければならないケースがある事とリスクが高いですので、まとまった時間を作れるという条件がつきますが、10万円~30万円程度の高額なお金が貰えます。

最近では在宅で食品や製品を試して、アンケートに答えるというタイプのモニターも流行っています。謝礼は少なめです。

まだ販売される結果の出ていない試供品を試すことに特に抵抗がない人にとっては、おすすめの方法と言えるでしょう。

只、充分にリスクもありますので、しっかりと内容を検討のうえでお試しください。

危ない現金の作り方

ここからは、特にやってはいけない現金調達方法のご紹介です。

最後は自己責任ですので納得していれば構わないのですが、後の事を考えると厳しいのが、以下に上げる方法になります。危険な現金調達方法

・闇金融

・個人間融資

・ギャンブル

他にもあるのですが、利息が高すぎる融資と一攫千金を狙ったギャンブルは非常にリスクが高く危険です。ギャンブルに至っては現金調達にならない可能性の方が高いでしょう

まとめ

多種多様な現金調達の方法があります。重要は、必要性に応じて、その時点の自分に合った現金調達方法を選択する事が大切になってきます。

最終的に判断を下すのは、自分ですので失敗しないように、納得いくまで、調べて自分にベストな現金調達をして下さい。